アンケートに答えると最大5,000円キャッシュバック!

昔の人はどうやって睡眠時無呼吸症候群を治療していたの?

みなさんこんにちは。CPAP LABです。

2022年9月現在、CPAPは睡眠時無呼吸症候群(SAS)の第一選択治療法とされています。

では、このCPAPが登場したのはいつ頃なのでしょうか?そして、CPAPが登場する以前は、一体どうやって治療していたのでしょうか?

ということで今回は、こちらの疑問をテーマに進めていきたいと思います。

睡眠時無呼吸症候群の歴史

まずその前に、睡眠時無呼吸症候群の歴史を簡単に振り返ってみましょう。実は、その歴史は意外と浅く、実際に病名がつけられたのは1976年のことだそうです。

それまでも症状自体はあったものの、無呼吸などの睡眠障害は特に病気だとは考えられていなかったようです。「お父さん寝てる時、たまに息が止まってるよね?」くらいの認識だったのかもしれません。

そういえば、日本で睡眠時無呼吸症候群の名前が広く知られるようになったのも、ここ十数年くらいのような気がします。注目されるきっかけになった新幹線の居眠り運転事故が起きたのは2003年のことでした。

命名されたのも、広く認知されるようになったのも、わりと最近のことですね。

CPAPの歴史

では、CPAPが世の中に登場したのはいつ頃のことなのでしょうか。

睡眠時無呼吸症候群が命名された1976年から4年後の1980年、オーストラリアのコリン・サリバン博士はCPAPの元となるアイデアを思いつきました。それは、鼻腔から空気を送り込んで、気道の閉塞を緩和するという仕組みでした。

実は、サリバン博士は1968年に母親を睡眠障害で亡くしています。この出来事が、博士をこの分野の研究に進ませるきっかけになったそうです。

CPAPのアイデアを元に博士は、掃除機用のモーターや、プラスチック製のチューブ、シリコン製の材料などを使って装置を作っていったそうです。いろいろと試行錯誤をしていたのかなと想像してしまいますね!

その後、実際の患者さんに対して、治療の試験を開始しました。空気圧を上げたり下げたりしながら、適切な圧力になるようにテストを繰り返していったそうです。

ちなみに、最初に人間の患者さんが現れるまでは、気道に問題を抱えるワンちゃんが試験の対象だったそうです。ブルドックやパグなどの鼻の短い種類の犬は、睡眠時無呼吸になることがあります。詳しくはこちらのコラムで。


そして、CPAPでの本格的な治療が始まったのはその翌年の1981年のことでした。1985年には、CPAPを使用して治療している人の数が100人を超え、その約30年後の2014年には既に100万人以上の人が使用するようになりました。

まだ40年くらいの歴史にすぎませんが、この間にCPAPは技術的に大きく進化しました。本体も小さくなり、音も静かに、マスク装着時の快適性や密閉性も向上しました。また、加湿や空気圧の自動調整などの機能も追加されました。

そして現在では、多くのメーカーからいろいろな高機能タイプのCPAPが提供されるようになっています。

CPAPが登場する以前は?

CPAPが登場して約40年。では、それ以前はどのようにして、睡眠時無呼吸症候群を治療していたのでしょうか?

重度の睡眠時無呼吸症候群の治療法として最も一般的だったのは、外科的な手術だったそうです。


現在でも行われている閉塞の原因部位を取り除くタイプの手術もあったようですが、その当時は、喉に穴を開けて、そこにチューブを挿入して気道を確保する「気管切開」という手術が主流だったそうです!

これは、大変そう!痛そう!

想像通り、この手術は、感染のリスクが高かったり、そのままでは声が出せなかったりと、多くのデメリットも伴うものでした。この治療方法は、CPAPが登場する1981年頃まで10年以上の間行われていたそうです。

さいごに

ということで、最後に一言、

サリバン博士ありがとう!

感謝を伝えたいと思います。

サリバン博士が発明し、現在に至るまでに大きな進化をとげてきたCPAPは、無呼吸症候群治療のベストな治療方法として、これからもさらなる進化を続けていくのではないかなと思います!

CPAP Labの公式TwitterでもCPAPや睡眠時無呼吸症候群に関する最新情報を発信しています。
ぜひチェック&フォローしてみてください!


【参考資料】

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の診療ガイドライン2020
CPAP.COM:A Quick and Easy Guide to the History of CPAP Therapy(英語)
CPAP.COM:CPAP: The Invention and a Historical Perspective(英語)
ATS journals:Nasal Positive Airway Pressure and Sleep Apnea. Reflections on an Experimental Method That Became a Therapy(英語)
CPAPsupplies.com:A History of CPAP Therapy(英語)

この記事をシェアする

まずはお気軽にご相談ください!

CPAP LABでは皆さまの「声」を⼤切にしています。「本当に届くの?」「注⽂後はどうするの?」など、どんな内容でも構いませんので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合せフォーム ( 年中無休 )

お問い合わせ・ご相談はこちら