ご覧の環境ではJavascriptが動作していません。
当サイトは、ブラウザのJavaScript動作を許可して閲覧してください。
→ 設定方法はこちらからご確認ください。

アンケートに答えると最大5,000円キャッシュバック!

自己所有のメリット

CPAPで快適な睡眠を

欧米や日本国内で最も普及しているSAS治療法

SAS(睡眠時無呼吸症候群)の治療法であるCPAP(シーパップ)は、「Continuous Positive Airway Pressure」の頭⽂字をとったもの。⽇本語では「経⿐的持続陽圧呼吸療法」と呼ばれます。SASのうち最も患者数が多い「閉塞性睡眠時無呼吸タイプ」に有効とされ、欧⽶や⽇本国内で広く普及し、中等症以上の患者に⾏う第⼀選択療法となっています。

その仕組みは、睡眠中気道に空気を送り続けることで閉塞を防ぎ、無呼吸状態が⽣じないようにする、というもの。CPAP装置から放出された空気はチューブを伝い、装着したマスクを通して気道へ送り込まれます。

CPAP治療機器について

コストがかさむ、医療機関からの装置レンタル

現在⽇本でCPAP療法をおこなうには、医療機関からCPAP装置をレンタルするのが基本です。保険が適⽤されますが、基本的には⽉1回(治療が軌道に乗ったとしても3カ⽉に1回)の受診が必要。毎⽉通院するとなると、3割負担で1カ⽉におよそ5,000円程度の医療費を⽀払うことになります。通院交通費を加えると、⻑期的に⾒れば⼤きな出費に……。通院にかかる時間的・⼼理的負担も⼤きくなります。

自己所有なら、時間と費用の節約に

通院頻度と費用を抑えるには、CPAP装置の自己所有がおすすめです。装置の購入には医師の診断が必要で、購入後も定期的な通院は欠かせません。しかし、レンタル時のように毎月決まって通院する必要はなくなり、時間の大幅な節約になります。
CPAP装置は10年間問題なく使用できるケースもあり、基本的には長く使えます。消耗部品の購入費や、場合によっては修理費が発生しますが、長く続けるほどトータルでかかる費用はレンタル時に比べてぐっと抑えられます。

通院(レンタル)をした場合にかかる費用と時間

期間
3年
6年
10年
診察料総計
約216,000円
約432,000円
約720,000円
総通院日数
約36日
約72日
約120日
※診察料:(5,000円+交通費/1回1,000円)/月 通院日:通算として計算した場合

自己所有すると...

あなたに合ったCPAPを見つけてください。

症状に合わせた機器があります。

CPAP LABでは⽤途に応じたCPAP機器をご⽤意しています。また、オプション品なども豊富に取り揃えております。あなたにあったCPAPを⾒つけてください。

よくある質問

使用経験はありませんが、注文したいです。
まずは自宅近くの睡眠クリニック、または無呼吸症候群を診断している医療機関で精密審査を受け、診断書を発行してもらってください。
CPAP本体セットを注文したいのですが、診断書が無いとどうなりますか?
CPAP本体セットをご注文の場合、診断書がないと通関できませんので、ご注文をお受けできません。
記載している金額以外にお金はかかりますか?
場合によっては、通関手数料や関税・消費税が発生します。 関税・消費税についてはこちら
支払方法を教えてください。
お支払い方法はクレジットカード決済とデビットカード決済のみとなります。(VISA、MASTER、アメリカン・エキスプレス)

まずはお気軽にご相談ください!

CPAP LABでは皆さまの「声」を⼤切にしています。「本当に届くの?」「注⽂後はどうするの?」など、どんな内容でも構いませんので、お気軽にお問い合わせください。

お問い合せフォーム ( 年中無休 )

お問い合わせ・ご相談はこちら

NEWS